超級戦略思考 ポケモン・フィギュア・ゲーム 第2話

 第1話の続きです。

asumiyareia.hatenablog.com

 

 
一行はマーマネの家に辿り着き、マーマネの発明の拠点となっている“マーマネラボ”にやって来た。
マーマネ「よし!それじゃあ早速PFGの遊び方を教えよう!」
サトシ「待ってました!!」
マーマネは、テーブルの上に広げてあったPFGのセットをサトシに見せた。
 

 

 
マーマネ「これがPFGで使う盤面だよ。この上でお互いのプレイヤーが交互にフィギュアを動かし、時にはバトルをさせるんだ。勝敗の決まり方は至極簡単、自分から見て1番奥のど真ん中にある相手ゴールに自分のフィギュアを辿り着かせることができた方が勝ちさ。つまり、自分のゴールを守りながら相手のゴールを狙っていくゲームなんだ。」
 
 
 
 
 
ロトム「なるホロ。簡単ロト!そしてそこで使うフィギュアがこれロトね。」
ロトムはデスクの上に置いてあるピカチュウトゲデマルデンヂムシのフィギュアを差して言った。テーブルの下では、本物のピカチュウトゲデマルがじゃれ合っていて、本物のデンヂムシはじっとその様子を見ていた。
 
マーマネ「その通り!プレイヤーはこのようなポケモンのフィギュア6体を組み合わせてデッキを組んで戦うんだ。あとはプレートってのもあるんだけど……その説明はまた後でいいか。」
サトシ「6体かぁ。ポケモントレーナーが1度に連れ歩けるポケモンの数と同じなんだな。」
マーマネ「そう!わかりやすいでしょ!そしてフィギュアにはそれぞれ“MP”という数字があって、それはフィギュアが盤面上で1ターンに動けるポイント、すなわちマスの数を示しているよ。
 
 
 
トゲデマルなどのMP3のフィギュアは素早く盤面を動けて攻守に駆け回れる代わりにバトルには弱いことが多いんだ。
 
 
 
 
 
 

 

 
 
デンヂムシとかのMP1のフィギュアは、動きが鈍いかわりにバトルに強かったり、強力な特性を持っていたりするよ。
 
 
 
 
 
 

 

 
 
そして一番多いのがピカチュウをはじめとするMP2のフィギュアで、動くのもバトルもできるバランス型フィギュアがたくさんいるんだ。だからMP2のフィギュアをメインにデッキを組むのが基本だね。」
 
 
 
 
 
 
サトシ「MP2のフィギュアは動くのもバトルもこなせるのかぁ……あれ、PFGではバトルってどうやるの!?オレ、いっぱいバトルさせたい!」
ロトム「サトシはいつでもバトルのことばっかりロト。」
 
マーマネ「あはは。サトシ、フィギュアの足元を見てごらん。文字が書かれていて回る部分があるでしょ?このPFG用のフィギュアはルーレットと一体化していて、そのルーレットを回すことでバトルを行いながらデュエルを進めていくんだ。」
サトシ「へぇ……これでバトルするのかぁ。白に金色、紫に水色、そして赤……ルーレットには色々な色があるんだな。」
フィギュアのルーレットディスクをじっくり眺めていたサトシがそう言った。
 
マーマネ「それじゃあ、ポケモンのフィギュア同士のバトルを説明していくよ。自分のターンに選んだり動かしたりしたフィギュアと相手のフィギュアが隣り合ったらバトルをすることができるのだけど、バトルになったらお互いのプレイヤーはそのフィギュアのルーレットを回すんだ。お互いのルーレット結果を色や数字で見比べて、バトルの勝敗を決め、結果に応じた処理を行っていくんだ。」
ロトム「なるほロ。」
 
マーマネ「では色ごとにルーレットを説明していくよ。
 
まずは基本の白ワザから!
白ワザが出たときに相手が出したのが白ワザや金ワザだったら、書かれている数字、すなわちダメージを比べて、ダメージが大きい方の勝利さ。ダメージが小さい方のフィギュアは気絶するよ。相手がミスを出したときも当然気絶させるよ。数字が同じだったら引き分けで何も起こらないね。
 
次は特殊効果の紫ワザ
紫ワザが出たときに相手が白ワザかミスだったら、紫ワザの効果が発動するよ!紫ワザの効果には相手を特殊状態にするものや自分や相手を移動させるものなどポケモンによって何種類もあるよ!紫ワザには★が設定されていて、お互いに紫ワザを出したら★の数が多い方の効果が発動するんだ!★の数が同じだったら引き分けさ。
 
3つ目は金ワザ
金ワザが出たときに相手が出したのが白ワザや金ワザ、ミスだったら白ワザのときと全く同じなのだけど、相手が紫ワザを出したときはなんと、その相手を気絶させることができるすごいワザだよ!その分他の白ワザと比べてダメージが小さいものが多く、白ワザには負けることが多いね。
 
4つ目は青ワザ
青ワザが出たときに相手が出したのが青ワザ以外だったら発動する、最優先で発動することができるワザだよ!青ワザのほとんどは相手の攻撃を交わしたりやりすごしたりするだけものだけど、ときどき特殊な効果を持つ青ワザもあるね。お互いのフィギュアが青ワザを出したときは引き分けで何も起こらないよ。
 
最後は赤いミス
これを引いちゃうとなにもできないんだ……。相手が白ワザや金ワザだったら気絶しちゃうし、紫ワザや青ワザだったら問答無用でその効果が発動するよ。だから、ミスが少ないフィギュアほど安定して使えるフィギュアと言えるよね。」
 
サトシ「えっと……紫が白に強くて、金が紫に強くて、水色が全部に強くて……???」
マーマネに一度に説明されたサトシは頭を抱えている。
ロトム「サトシ、ちゃんと覚えたロトか?」
マーマネ「まぁ、実際にやりながら覚えていけば大丈夫だよ。」
サトシ「そうだよな!大丈夫大丈夫!とりあえずやってみよう!!」

 

第3話はこちら↓

asumiyareia.hatenablog.com